ご無沙汰しております。

最近書くことが特にないこともありサボっておりました。
強いて書くようなこともないので司法書士を目指す方に私の勉強法をお伝えしようかと思います。

 私が受験しようと思い勉強を開始したのが平成21年3月末、仕事しながら独学でしたが合格できたのが平成22年度の試験でした。
 きっかけは、当初、公認会計士試験を数か月勉強しました。一式をヤフオクで安く落として商業簿記の大半を終わらせた時点で仕事が忙しくなり、電卓片手に本開いてノートに書くという作業が煩わしくなり、もっと簡単に空いた時間にできる試験をということで司法書士をめざしました。

 出勤前に40分から1時間、昼休み30分、帰宅後に1~2時間を目指しましたが恐らく休日も含めて一日平均3時間ぐらいだったと思います。

 私自身はもともと理系出身なので法則を見つけて、効率重視、最小コンパクトな知識取得を目指しました。数学に置き換えて、条文が公式でただただ当てはめるというものです。
とはいっても6法を読むというよりは、基本書呼んで過去問をひたすらまわすというものです。2度3度回転させていると以前には気づかなかったものが見えてくるのでその疑問を解消する作業を繰り返しました。

具体的な行程は次回以降に書きます。