大阪市西成区  司法書士・行政書士 御木威の日記

カテゴリ : 悪徳商法

応援よろしくお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪(市)情報へ
にほんブログ村  

ぺニオク被害集団訴訟へ

被害者の会がすでに結成されているのか現在被害者を募っているのかはわかりません。
たまに被害者の会という言葉を聞かれるかもしれませんが、社会問題化するほど多数の人間が被害に遭った場合、訴訟経済的に被害者の会を結成し、集団で訴訟するケースがあります。

基本的に一人で訴訟しても数百人規模で集団訴訟しても基本的に立証する手間はほとんど変わりません。
また、訴訟費用も訴訟額が増えても印紙代は正比例ではなく、金額が増えるほど緩やかになるため、集団で訴訟した場合、一人あたりの印紙代は安く済みます。また、集団で訴えた場合、お互いがお互いの主張を補うため、新たに証人を用意する必要もなく、実際に被害にあったという蓋然性が高まるため訴訟を有利に進められます。

弁護士さんも報酬は、獲得した利益の1割とか2割といった割合でもらうケースが多いため、被害者を募って訴訟額を増やすメリットがあります。
今回のような詐欺事件ですと、資産を隠されて回収できないケースも多いかと思いますが、芸能人が絡んでいるため、不真正連帯債務として逃げたり資産を隠したりすることが難しいであろう芸能人に対しても損害賠償請求をしていくのかもしれません。


大阪市西成区橘3-2-15
御木司法書士事務所
06-6659-8066

ぽちっとお願いします
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村




応援よろしくお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪(市)情報へ
にほんブログ村  

以前お伝えしたペニーオークションですが、続々と芸能人を使ったステルスマーケティングが発覚しています。
TVCMなど広告宣伝を仕事にしているのでその辺の感覚がマヒしてるのかもしれませんね。

ただ今回は広告ではなく、ステマで実体験したと書いている以上は、それがどのようなものなのかということは最低限知っておくべきだと思います。
ブログに書くだけで数十万円の報酬をもらっておきながら、システム的にあきらかに詐欺の温床になりうることが推察できたはずなのに知らなかった、すみませんだけではそれを信じて詐欺に会われた方は納得できないんじゃないでしょうか。

知らなかったのが仮に本当だとしても嘘をついていることは自覚もしています。詐欺に加担、過失責任もあり、報酬ももらってますし、もう私だったら共同正犯じゃないのかと言ってしまいそうです。しかも数万円する商品が数千円で買えたという宣伝。常識的に考えておかしいと思うのが普通だと思います。

芸能界のことは、あまり知りませんが、ご自身の影響力がどれほどのものなのか自覚してほしいと思います。


大阪市西成区橘3-2-15
御木司法書士事務所
06-6659-8066

ぽちっとお願いします
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村




応援よろしくお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪(市)情報へ
にほんブログ村  

スイート一泊500円で集客しといて、ホテルに着いたら営業マンが何時間もホテルの会員権(数百万円)を買えと迫ったという話。おかげで観光もできない上に不快な思いをしたと消費者センターに苦情がきているとのこと

CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)は上場会社でしたが、MBOをして非上場となりました。非上場になればある意味個人商店的な運営が可能になります。上場会社ならこのような問題を起こせば株主総会で袋叩きにあうと思われますので、このようなきわどい経営をしていくために非上場にしたということなのでしょう。

CCCの決算(H23年3月期)見てみますと前年と比べて利益は安定しているように見えましたが、売上が10%以上落ち込んでいます。さらにその前年も10%以上の落ち込み。たしかに悲観する内容になっています。

GEOとの競争で、厳しくなった本業よりも利益率の高い異業種参入というわけなのでしょうが、立ち去らない、立ち去らせない状況での意思表示は取り消すことができますが、あとで争いになる可能性があるのでうんと言わずさっさと話しを一方的に打ち切って出ていくのがベターだと思います。




大阪市西成区橘3-2-15
御木司法書士事務所
06-6659-8066

ぽちっとお願いします
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村




応援よろしくお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪(市)情報へ
にほんブログ村  

投資不動産サブリース契約のトラブルが増えてきております。
サブリース契約とは、家主から建物を不動産業者が賃貸借契約をしさらにその建物をエンドユーザーに賃貸するという転貸借の契約です。

一番多いのは、地主に建物を建築させ、その費用を銀行等から借り入れさせるケースでの事例です。そもそもローンの返済原資はその賃料収入でありますからその収入の変動によっては返済ができなくなります。そこで不動産業者が一旦全室を借り上げて転貸する手法によって入居者がいなくても業者からは安定して賃料が入ってくる契約をすることでリスクを減らすわけです。このサブリース契約は10年や長いもので35年契約などもあります。

サブリースのメリットは入居率に関係なく安定収入が入ってくる点と、不動産業者が入居率が低いと損失が出るので優先して入居者を探してくれる点です。デメリットは、家賃の差額を抜かれるので、満室に近い状態だと収入が減る点です。管理料だと思えば安い場合もあるかもしれませんが、別途管理料を取るケースもあるので非常に不利な場合もあります。

10年や35年やサブリース契約をしているので問題が起こらないんじゃないの?と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、実際に入居率が上がらない場合、一方的に賃料を下げてくることが往々にしてあります。それも契約から1~2年で賃料値下げを言ってくることがあり、これを拒絶することは可能なのですが、その場合サブリース契約は終了する条項が契約書に明記されているケースが多々あり、現実的に拒否できないといった問題が起こっています。

契約時にメリットのみを伝えて、リスクを伝えない、ローンの申し込み時に収入を改ざんさせてローンを契約させるケースなど契約締結させるために不法、不当な行為をする業者も少なくなく、このようなケースでは損害賠償や契約解除をすることができる場合があります。一度専門家にご相談ください。




大阪市西成区橘3-2-15
御木司法書士事務所
06-6659-8066

ぽちっとお願いします
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村




応援よろしくお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪(市)情報へ
にほんブログ村  

サクラを介在させた疑いがあるため、NPO法人「消費者支援機構関西」が訴えを提起すると通告すると
運営側はペニーオークションを閉鎖

逃亡をはかっているんでしょうか?
ペニーオークションはヤフーオークション等と違い、入札するたびに手数料がかかるシステムのオークションでしかも値上がり幅がびっくりするほど少ないので何度も入札しないと落札できず、手数料と合算すると定価より高いなんてこともあり得るシステムとなっております。

通常のオークションでは落札できなければ費用はかからないのですが、ペニーオークションでは落札できなくても入札すれば費用がかかるため、運営がサクラを使って価格を釣り上げて手数料を不当に得ていたという。
ヤフーオークションなどでは、サクラを使ってもサクラが落札してしまう可能性があり、そうなると本末転倒となるため、そういう行為はある程度抑止されますが、ペニーオークションではむしろ運営自身で落札してしまった方が儲かるシステムです。

なぜなら入札ごとに手数料が入ってきますので、原価割れの価格で売るより自分で落札して、また出品をして手数料を得てまた自分で落札してと永遠繰り返せば手数料は入ってきますし、仕入をしない小売業が成り立ってしまうため究極のノーリスクハイリターンな商売ができてしまいます。

全部が全部そうなのかわかりませんが、小刻みな値動きと入札手数料のバランスを考えると入札する側のリスクは高すぎると思います。
ただし、サクラを使っているとなると法的には手数料の返還請求は可能。運営会社が実際に存在していればの話ですが。



大阪市西成区橘3-2-15
御木司法書士事務所
06-6659-8066

ぽちっとお願いします
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村




このページのトップヘ