前回お話した続きでございます。

 中小零細の企業や事業主の方の場合、金融機関からプロパー融資を受けることは難しいです。保証を付けてくれと言われます。保証とは各自治体が運営している保証協会がそれにあたります。

 前回お話した緊急融資は特別なものなので通常は、大まかに分けて新規開業と開業後に融資を受ける場合です。どこが違うかといいますと、開業で借りる場合は業務の実績がない状態で申し込むのと開業後実績があり返済能力の担保がある程度ある場合です。当然後者の方が融資がおりやすいです。

 では、開業資金の場合と、開業後の資金融資の審査の一番の違いは、開業資金の有無です。開業するためにいかに準備してきたかという点をいくら資金を貯めてきたかで判断されます。多ければ多いほどいいです。ないから借りるんだという意見はあると思いますが、ある人に貸すというのが現実です。資金があって融資の必要がなくても借りてくれと金融機関から来ます。それは日本政策金融公庫でも同じです。

 タンス預金は基本的に認められません。直近に預け入れたお金も基本的に自己資金とは認めてくれません。通常半年以上前から通帳に記載されている残高が自己資金として見られます。
 例外的には、退職金が入ったという場合は認めてくれるでしょう。
 次に開業の計画です。他者との差別化やこの業界の経験値などを見られます。さらに収支の計画も見られます。あくまで計画ですが、平均客単価や一日の平均来客数とその数の根拠などの説明、立地、水道光熱費に家賃、そして今回借り入れの返済といった支出部分と整合性を出します。

 当然面接があります。厳しいことを言われたりもしますが、特に気を付けないといけないのは借り入れが出るか出ないかというボーダーにいる場合、仕事を語ったりするその情熱、人間性は特に見られます。一度断られても何度も足を出して審査が覆ったケースもあります。

 すべての融資に共通するものですが、自分自身に置き換えて自分なら貸さないというような行為をしていると間違いなく審査にマイナスになります。

 まず公共料金の支払いをきちんとしているか? 
 ☆支払っていればいいというわけではありません。一日も遅れずに支払っているかという部分が見られます。特に直近半年で一日でも遅れがあると通常融資はおりません。

 カードローンなど他に借金はないか?
 ☆あれば審査にマイナスになります。
 
 許認可が絶対必要な業種ではないか?(ないと営業ができない場合とあれば幅広く仕事ができる場合とで分かれます)
 ☆許認可がないと営業ができない場合では許認可がないと申し込みもできません。

 営業後の融資であれば確定申告を期限通りにしているか?
 ☆していないとこちらも融資がおりないと言ってもいいかもしれません。
  
 税金を期限通りに納めているか?
 ☆遅延があるとこちらも融資がおりないと考えた方がいいでしょう。

 帳面をきちんとつけているか? 
 ☆あった方がプラスになります。
 
 営業実態がキチンとあるか?
 ☆請求書や領収書、銀行振込等々通常営業をすればあるであろう書類や記録があるか見られます。
 ペーパーカンパニーには融資はおりません。

 日銭が入ってくる業種、たとえば飲食業や小売りの場合では運転資金はおりにくいし降りても少額しか申し込みはできません。もちろん多額の資金の必要性を説明できれば別ですが、日々の売り上げから仕入れなどの運転資金が捻出されますので、通常一日分の運転資金があれば店が回るというの理由です。それが回らないというのは儲かっていないということを言ってしまうことになるからです。
 建設業など工事完了後に請負代金が入ってくるような仕事から入金までタイムラグがある業種では運転資金が出やすいですがそれでも3月分の売り上げ相当ぐらいまでしか借りられないんじゃないでしょうか?
 設備資金ではそういう制限はありませんが、設備資金で申し込みをして他に流用してそれがばれてしまった場合、今後融資が借りれなくなります。最近では設備購入の領収書を出せと言って来たり、設備販売業者に直接振り込んだりするケースも聞きますので他に流用というのは最近では難しくなってきておりますが。

 以上のようなことに留意すればいいんじゃないでしょうか。

 

 
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村